【注意】こちらの記事には狩猟の写真や解体の写真が掲載されています。苦手な方は観覧を控えてください。

 

男が一度は名乗ってみたい職業といえば、スパイ、ミュージシャン、芸術家、海軍などいろいろあるが、そうやってあげてったらおそらくラインナップされてくるであろう「猟師」。今回は猟師のリアルについて書いてみたい。

僕はちょうど2年前に東京からUターンし、「わな」の狩猟免許を取った。大自然に囲まれた高知県香美市では、イノシシ・シカの鳥獣被害が深刻で、山や農作物を守るためには、狩猟が“必要”なのだ。やる気・元気100%&ちょっとおふざけモードで、イノシシやシカと格闘すると誓ったが、格闘以前につまづいた。まず、金だ。

狩猟免許は意外とお金がかかる

狩猟免許を取得するには、試験代・狩猟登録・ハンター保険など、ナンダカンダ2万5000円近く必要で、更新にも毎年1万8000円くらいかかる。
そこで我が町の報奨金を調べてみると、以下のようになっていた。

・猟期(11月15日~3月15日)はシカ・イノシシ(成獣)1頭につき1万円。
・猟期(3月15日~4月1日)はシカ・イノシシ(成獣)1頭につき1万円。
・駆除(4月1日~10月31日)は、シカ・イノシシ(成獣)1頭につき1万8000円。

※各都道府県で免許取得費用、猟期、報奨金などは異なります。詳しくはお近くの猟友会・市役所にお問い合わせ下さい。
※狩猟者以外は、捕獲しても報奨金は出ません。

ということは、もとを取るには、年に2・3頭は捕らないといけないということ。

 

たっ、たった2・3頭!?

絶対捕れるじゃん!

むしろ儲かるじゃん!

 

しかし、現実は違った。

技術が無いと獲物は捕れない

狩猟1

クソが!また逃げてやがるっっっっ!!!

 

狩猟2

あ、かかってる!

 

って、オレのわなじゃねぇし!!!

 

あのう、ぜんぜんっ、捕れないんですけどぉ? まだ4万くらい赤字なんですけどぉ?

 

たぶん、このままでは一生捕れない…

 

そこで、ベテラン猟師さんに教えをこい、いろいろ参加しまくった。わなの仕掛け方講習、わな作成講習、狩猟者の講演とか。どれもめちゃくちゃ吸収できてる感があり、そう、全部が上手くいく気がしてた。頭の中ではエレファントカシマシの「四月の風」がずっと流れてる。

だけど、ここでもう一回つまづく。シカの解体講習だ。

解体の重要なプロセス「止め刺し」

一応、これまでに、何度かイノシシの解体は経験していた。強烈なニオイに嗚咽をもらしながら、内臓を引っ張り出し、返り血を浴びながら肉を切る、のを見ていた。

狩猟3 狩猟5

もう楽勝だろう思っていた。でも、その作業には、重要なプロセスがぬかっていた。それは「止め刺し」、つまり殺すとこ。

意気揚々と臨んだシカの解体講習。ありがたいことに生け捕りで持ってきてくれたのだ。狩猟者に命と向き合う大事さを伝えるための配慮だ。

 

いやいやいや、その配慮、重すぎんだろっ!!

 

でも、そこは、山を食い荒らすシカ。シカが山を食い荒らすおかげで土砂崩れなどの自然災害が増え、川も汚れる。農作物の被害も酷い。人間の生活を大きく脅かす存在、まさに有害鳥獣なのだ。さぞ悪い顔をしているに違いない!

…。

狩猟6

いやん、きゃわいいっ

しかも、涙を流してすすり泣きをしている。その瞬間に感情移入してしまったから、もうその後の光景は地獄絵図。シカが弱っていくのに伴って、なぜか自分の力も抜けていく。ヤバイ……貧血になりそう。たぶんオレと同じように感情移入してしまったのだろう、ある男性が先に貧血で倒れた。

いかん、いかん!なんとか頑張れ、オレ!寿司屋が魚をさばく時に貧血になるか?ゾンビのコスプレしたヤツが鏡見て貧血になるか?

 

俺は「猟師」だろ?

 

そう言い聞かせて、なんとか我を保つ。しかし、周りの目も気になる。解体を見ているだけだったら「ニセ猟師かもしれない」と疑われる。そこで、革を剥ぐ作業だけ手伝った。

狩猟8

思ったより簡単に剥げる。うわぁ、なんか、すげーことしてんな、オレ。東京に居た頃は考えられなかった、てか、やりたくもなかった経験を今、自ら進んでしているのだ。環境は人を大きく変えるもんだな、うん。

あれ、少し慣れてきたぞ。てか、できてんじゃん!! 綺麗に取れてんじゃん!そう思った2秒後。

 

ピュっ!

 

包丁が血管を傷つけたのか、顔面に返り血を浴びて、貧血K.O。

その後のことは、よく覚えていません。ただ、お茶を立てていたのを覚えています。

でも、解体講習はかなり勉強になった。猟師にはまず「覚悟」と「慣れ(経験)」が必要だと学べた。よし、明日からまた頑張ろう! 早く一匹でも捕らないとなぁ。と、その二日後。

1年かけてやっと捕れた初の獲物

狩猟10 狩猟11

 

デーン!!!

 

シカ、捕ったどぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!

 

しかも、結構デカい!

 

とにかく嬉しい!1年かけて、やっと捕れた!地域内で会う人、会う人が「おめでとう」と声をかけてくれる。わな、やってて、よかったぁ。これでほんの、ほんの少しだけど、地域の被害が減らせる、と思いたい。そしてどうせなら、今年はお小遣い程度でも稼げるよう精進したい。(※ちなみにお肉は地域の人と分けました)

高知の野生鳥獣被害の深刻な現状

現在、高知県は、野生鳥獣被害が深刻な問題となっておりイノシシ・シカの捕獲頭数は毎年増加しているが、高齢化などにより狩猟者は減少傾向にある。たぶん他県も同じような状況だと思うが…。そのくせ、ジビエ料理が全国的にちょっと流行っている。つまりこの状況は、チャンスでもある!

あなたもぜひ「猟師」になりませんか? 特に高知はオススメですよ~。

 

香美市集落支援員 坂本仁

 

【外部リンク】
■農林水産省
参考2 野生鳥獣による都道府県別農作物被害状況(平成27年度)(PDF : 132KB)
http://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/h_zyokyo2/h27/attach/pdf/h27-2.pdf

■高知県猟友会
http://www.kochi-ryoyu.com/

■高知県庁 鳥獣対策課
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/070201/

コメントを残す

必須 ※お名前は公開されます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>