香美市広報6月号の2・3ページ目に大きく掲載された、「ファミリーサポートセンターでつながろう」はご覧になられましたか?

8月1日から香美市にてファミリーサポートセンターが始まります

ファミリーサポートセンターは、子育てを助けて欲しい人(依頼会員)と子どもを預かる人(援助会員)の会員ネットワークをつくり、地域で子育てをお互いに助けたり、助けられたりする会員相互の援助活動組織です。そのセンターの活動が8月より始まります。

ファミサポ

↑広報6月号の3ページに「第1回援助会員講習」と書かれています。実は、8月の活動開始に向け、現在、香美市ファミリー・サポート・センターでは、援助会員を募集しています。

第1回 援助会員講習

開催日時 2018年6月25日(月)、26日(火) 9:00〜16:30

場所 プラザ八王子 2階 ボランティア研修室

参加費 無料

対象 香美市在住の20歳以上で、心身ともに健康な相互援助活動に理解と意欲のある方

講習内容 ファミリーサポートセンターのしくみ・概要、子どもの発育と病気、栄養と食生活、心の発達や保育、救命講習など

申込締切 6月18日(月)

申込み先 香美市ファミリー・サポート・センター
専用電話 080−5665−2075
固定電話 0887−52−8606

援助会員の登録までの流れ
受講(2日間)→後日、本登録の個別面談→登録(無料)
※講習会後、入会希望者のみ本登録に進みます。

育休中のみなさん、この機会にぜひ講習会に参加されませんか? 託児(要予約)があります!

援助会員や依頼会員ってどんな会員?

そもそも聞きなれない「援助会員」と「依頼会員」。それぞれの特徴をご紹介します。

援助会員は「あずかりさん」

援助会員とは、香美市にお住まいの20歳以上の方で、心身ともに健康で、ご自宅で預かりが可能な方。
そして、センターが実施する2日間の講習会を受講した方(必須)となります。

講習会に受講した方は、子育て経験の有無は関係なく会員になることができます。そのため、講習会にてしっかりと勉強します。「困っている方のお役に立てたらうれしい」そんな想いのある方は、ぜひ講習会にご参加していただき、援助会員としてご活躍ください。子どもを預かってくれる人として愛称「あずかりさん」とセンターでは呼んでいます。
※援助会員は、有償ボランティアとなり、活動で得た利用料は、税法上「雑所得」となります。

依頼会員は「たすかりさん」

依頼会員とは、香美市に住民登録があり、生後6ヶ月から小学校6年生までの子をもつ方です。

子育てをしていると、「少しだけでも見てくれる人が居れば助かるのになぁ」と思ったことはありませんか? そのような方で、上記の条件を満たしている方は、依頼会員として登録が可能です(依頼会員の登録は7月2日から)。登録後、援助会員に子どもを預けることで少しでも助かる人ということで、愛称を「たすかりさん」としてしています。

※依頼会員は、預かっていただいた援助会員に利用料を支払います。

 

スクリーンショット 2018-06-04 11.56.16

講習会に関する申込や相談、また援助会員や依頼会員に関する質問などありましたら、

香美市ファミリー・サポート・センターまでお問い合わせください。

香美市ファミリー・サポート・センター
香美市土佐山田町本村214(香美市立移住定住交流センター内)
専用電話 080−5665−2075
固定電話 0887−52−8606
famisapo@inakami.com

コメントを残す

必須 ※お名前は公開されます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>