香美市の地域文化や学校の記念誌を見ていると、寄稿されている思い出ばなしに「こぼて」という言葉がよく出てきます。

一昔前まで、冬の子どもたちの楽しみに「こぼて」や「わさ(わな)」、そして「とりもち」というものがありました。山で小鳥を取るわな猟の一種です。

現在は鳥獣保護管理法で鳥類のわな猟が禁止されているので、残念ながらこの遊びを行うことはできませんが、どんなものだったのかをご紹介したいと思います。

こぼて 2

こぼて

用意するもの:小刀とタコ糸(2メートルぐらい)、餌になる木の実。

① 鳥がいそうな山の中で、小さくて、倒すと強い力でよくしなる木を探す。

② その木の下に短い棒を置き、両側を適当な枝を↾ の形にカットして固定。

③ 別の短い棒の両側にタコ糸をくくりつけ、糸は②の下を通して①の枝を引っ張って結ぶ。

④ ③の棒を少し持ち上げ、②と③間に棒を1本用意。①の枝から別の紐で③が動かないようストッパーの仕掛けを作る。

⑤ 仕掛けの後方を細い枝で囲いを作り、中に餌になる木の実を置く。

鳥が餌を求めて中に入ろうとすると、④に触って③が落ち、鳥の首の骨が折れる。

bird_toriyoke_toge

わさ(わな)

用意するもの:小刀と専用の仕掛け糸、餌になる木の実。

「こぼて」と同じような囲いわなですが、入り口に仕掛け糸をセットします。この仕掛け糸は黒く見えにくいもので、輪っかになっています。

鳥が餌を求めて中に入ろうとすると、仕掛け糸の輪っかに首を突っ込み、暴れているうちに窒息します。

bird_kasumiami

とりもち

用意するもの:専用のとりもち

モチノキやヤマグルマなどから作られた粘着性の物質で、鳥が触ると脚や羽が離れなくなります。

鳥がとまる木の枝などに塗っておいて、くっついて飛べなくなったところを捕まえます。

これらを仕掛けておいて、学校が終わったら毎日のように山の中を駆け回り、仕掛けを点検。
鳥が捕れていたら持ち帰り、毛をむしって丸焼きにして食べる。今考えたら、結構ワイルドなことをやっていたものです。

昔の子どもたちは、何も考えず、まさに命をいただく体験を積み重ねていました。

コンピューターの発達により、ますますリアルになる仮想現実の世界。

アバターで「仮想の自分」を作り、バーチャルユーチューバー(Vチューバー)でコミュニケーションをとる時代。

子どもたちの未来にとって、これでほんとにいいのだろうか、と思う今日このごろでありました。

NPOいなかみ

2件のコメントがあります。
記事タイトル「冬の子どもの山遊び「こぼて」

  1. 「こぼて」の紹介ありがとう。和歌山県日高川町でも、子供のころ作って遊びました。「おおし」と呼び、肥後守、麻糸で作りました。跳ねる木を少し削って緩くすると生きたままで捕らえられるか?などと工夫したものです。点検を忘れてタヌキかキツネに胴体を持っていかれたのが思い出。
    この罠は日本全国にありそうですね。小説「しろばんば」の小鳥の死刑台も同じ罠だと思う。各地ではどのような呼び名になっているのか知りたい所。私は小学校6年時、鳥獣保護法について教えられて止めてしまったが。現在、罠猟で鹿、猪を相手にしてます。

    返信する
  2. めちゃくちゃ懐かしいです。
    こちらで検索ヒットして助かりました。
    30年前に兄妹と作っていましたよ。
    今はもう仕掛けるのはダメなんですね。
    名前が出て来なくて、方言なのかもとネットで探しましたが、西日本では割と通じるみたいですね。

    返信する

コメントを残す

必須 ※お名前は公開されます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>