NPOが進める高知県香美市の移住事業スタッフを1名募集いたします!応募締め切りは平成29年5月19日、その後5月22日に面接を行って採否を決定し、翌月の6月1日から勤務していただきます。短期間の募集となってしまい恐縮ですが、以下を読んでいただき、感心を持っていただけましたらぜひご応募ください!

※求人に関する詳細は下部に記載した「募集概要」をご確認ください。

NPO法人いなかみについて

平成27年4月に地域活性化・移住促進を目的に設立。今年で3年目となるNPOです。「持続可能な田舎をつくる」をテーマに、設立年から香美市移住定住交流業務を受託し香美市の移住促進に取り組んでいます。平成27年度は11組18名、平成28年度は13組15名の移住が実現しました。その他、まちづくりへの協力や地域イベントの開催など、地域の活性化にも尽力しています。

香美市立移住定住交流センター
香美市立移住定住交流センター

NPO法人いなかみはこんな職場です。

(1)給与は高くないです。でも自由度は高いです

詳細は下記に記載していますが、今回の求人は月給150,000円、月16日勤務の募集です。委託業務のスタッフですので仕事内容はある程度決まっていますが、自身のスキルを活かせる部分や意欲の沸く仕事をお伝えいただければ、それを担当できるよう考慮します。また、業務の目的に合っていれば新しい提案も積極的に採用して取り組んでいきたいと考えています。

(2)仕事と暮らしの両方を大事にしています(ワークライフバランス)

NPOという組織は熱意のある方が多いためか、いい意味でオーバーワークになりがちな職場だと感じています。自身も以前は夜間や休日も普通に仕事をしていましたが、結婚・子育てをきっかけに働き方を考えるようになり、暮らしも仕事も満足できる状況を目指すようになりました。

といいつつも、これはまだまだ道半ばではあります。業務の効率化やシステム化を考えたり、外部人材に頼めるところは頼むようにしたり、場合によっては自宅で仕事をするようにするなど、暮らしと仕事が両立できるような職場環境を目指しています。

(3)常に新しい取り組みを考えています

求人の業務は香美市からの委託業務ですので、言われたことをやっていればそれでOKとも言えますが、それでは移住者を増やすという目標にはなかなか繋がりませんし、組織としても将来に不安が生まれてきます。

そのため同じ委託業務でも、基本となる移住相談業務はベースにしつつ、毎年新しい取り組みを提案しチャレンジするようにしています。

今年度は以下の取り組みに力を入れることにしています。

・移住希望者ホームステイの仕組みづくり
・人不足に悩む地元企業への就職移住促進
・都市部と香美市を繋ぐ交流企画
・山間部の空き家改修と活用提案
・新たな移住受け入れ地区の発掘と連携 など

(4)業務外でのやりたいこと(副業等)も応援します

田舎で自由な暮らしを手に入れる近道は「自分の仕事をつくる」ことだと思っています。そうすればやりたいことを仕事にできて、時間も自分でコントロールすることができるようになります。また、田舎に新しい仕事が生まれると、地域を活気づける大きな原動力にもなります。

地域住民も「この人は何をしている人かな?」と移住者をよく見ていますので、仕事をつくってしっかり収入を得ていることが見えると信頼感が増し、応援してくれる人も増えていきます。

NPOの仕事で最低限の収入を確保しつつ「自分の仕事づくり」にもチャレンジしてもらえると嬉しいです。移住業務に取り組んでいると、起業した移住者、企業や組織の代表者など、魅力的な人との繋がりはとても増えますすので、その分チャンスも増えると思います。

(5)いなかみの強みと弱み

いなかみの得意分野の1つに「WEBの情報発信」が挙げられます。この香美市移住応援サイト「いなかみライフ」は、他市町村の移住サイトと比較してもアクセス数が多く発信力があると評価してただいてます。実際に近年は、WEBサイトからの移住相談も多くなっており、移住体験ツアーなどのイベントもWEBサイト経由で応募いただくのがほとんどとなっています。

反対に苦手なところは「ビジネスプランの構築」だなぁと感じています。行政と協働して仕事を進めること(委託業務や補助金)は得意ですが、新しい商品やサービスを提供してお金を生みだすことはまだほとんど出来ていません。これができるようになれば、組織も安定して地域を活気づける原動力にもなれるのですが、現状ではなかなか厳しい状況です。

でもそんなビジネス色の薄いアットホームな雰囲気によって、移住希望者に安心感を持ってもらえているところはあると思っています。

■高知県香美市はこんなところです

高知在住の方はご存じの通りですが、香美市は「高知市」「高知空港」「南国インター」が近く、特急が止まる「JR土佐山田駅」もあるため、利便性の高い田舎といえます。また、2町1村が合併してできた広い市のため「町暮らし」「里暮らし」「山暮らし」とライフスタイルに応じた暮らしの選択ができる地域です。

香美市のことは、本サイトの以下の記事などを見ていただけるとイメージが沸いてくると思います。

・「暮らし」に関する記事
http://inakami.net/category/life

・「移住者」に関する記事
http://inakami.net/category/immigrant

・「個人事業」に関する記事
http://inakami.net/tag/%E5%80%8B%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E6%A5%AD

 

香美市移住促進事業スタッフ募集概要

事業所名:特定非営利活動法人いなかみ
就業場所:高知県香美市土佐山田町本村214(香美市立移住定住交流センター)

(マップ)

職種:移住促進事業スタッフ

(仕事の内容)
・移住希望者の相談対応やWEB情報発信
・移住者のアフターフォロー
・地域住民や移住者とのイベント等企画運営
・各種事務 など

採用人数:1名
雇用形態:契約職員(月16日勤務)
雇用期間:平成29年6月1日〜平成30年3月31日(契約更新の可能性あり)
応募条件:
・パソコン作業がスムーズに出来ること
・普通自動車免許(AT可)を有すること

賃金:月給150,000円(毎月25日締め、月末支払い)
時間外手当:あり
通勤手当:あり(マイカー通勤可)
賞与:なし
加入保険:雇用、労災、健康、厚生

就業時間:8:30〜17:30(昼休み60分)
休日等:水・日・祝 +毎月の勤務日数に合わせて調整
(※就業時間は要望に応じて調整することも可能です)

応募書類:履歴書(顔写真入り) メール・郵送・持参 いずれかで提出
応募締め切り:平成29年5月19日(金)必着

=(応募申込先)============
特定非営利活動法人いなかみ 担当;近藤
〒782-0076 香美市土佐山田町本村214
香美市立移住定住交流センター
電話:0887-52-8606
メール:kondo@inakami.com
====================

選考方法:
平成29年5月22日(月)18時00分〜
当事務所(香美市立移住定住交流センター)にて面接を行い決定します。
※面接時間は応募書類を確認した後に別途ご連絡します。
※応募多数となった場合は面接前に書類選考をさせていただきます。

採否決定:面接の3日後までに本人へ連絡します。

※県外在住者の方へ
県外在住者の方に採用が決定した場合、香美市お試し移住体験住宅(家賃15,220円/1ヶ月〜6ヶ月まで利用可能)を使っていただくことができます。ワンルームですので単身者用の住宅となりますが、さしあたっての住まい探しの不安は軽減できるかと思います。

==========

皆さまからのご応募お待ちしております。そしてスタッフ一同、一緒に働けることを楽しみにしています!

NPO法人いなかみ

コメントを残す

必須 ※お名前は公開されます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>