引き続き、香美市での求人のご案内です。次にご紹介するのは「香美市地域づくり支援員」の中でも「香北町美良布・韮生野地域(美良布地区集落活動センター/集落支援員)」の応募についてです。応募期間が短いので香美市で働きたい方、暮らしたい方、まずは募集要項をご覧ください。

 高知県香美市は、あなたの応募をお待ちしています。

香美市地域づくり支援員 香北町美良布・韮生野地域(美良布地区集落活動センター)担当者募集中!

香美市は、物部川、国分川の源流域から高知平野の北東部に位置し、約88%を森林が占める山間地域です。地形は、高峰が周囲にそびえることから急峻で、集落が広範囲に点在しています。

自然豊かな香美市では、近年少子高齢化、人口流出により過疎化が進んでおり、地域に活力が失われています。

そこで、集落の維持や地域の活性化を支援するために、総務省の集落支援員制度を利用して「地域づくり支援員」を公募し、意欲ある人材を積極的に受け入れます。選考は次のとおり実施します。

募集要項

1.募集人員

地域づくり支援員 1名
(香北町美良布・韮生野地域(美良布地区集落活動センター))

2.業務内容

支援員は、市の職員や地域の住民と協力しながら次に掲げる職務を行う。

(1) 美良布地区集落活動センター全般に関する活動
(2)  集落維持に関する活動
(3)  住民の生活支援に関する活動
(4)  地域資源の発掘及び地域資源活用による振興活動
(5)  地域間交流及び他地域からの移住促進に関する活動
(6)  伝統文化継承に関する活動
(7)  その他、地域の活性化となる活動
※ 勤務時間中は上記以外の個人的な活動は認めません。

<業務の概要>

  • 美良布地区集落活動センター

香北町美良布地区は、香北町の中でも中心となる地域にあり、6集落から構成されています。また、美良布地区には、観光施設である「やなせたかし記念館・アンパンマンミュージアム」、「道の駅・健康センターセレネ」があり、香北町内でも人の交流が多い地域です。

産業は農業が主体で、高知県の三大ブランド米の一つである「韮生米」の生産地です。香北町は2010年から2040年の30年間で人口が60%まで減少する見込みであるとともに、高齢化率も41.1%から2040年に52.9%になる見込みであり、人口減少がすすんでいます。

香北町内でも、美良布地区は比較的住民が多く高齢化率もまだ高くない地域であり、交流人口も多い地区ですが、地区内では、商店街は空き店舗化していること、独居老人が増加していることなど、生活面では高齢者への生活支援が必要とされています。また、地域のコミュニティー等はありますが、高齢化が進んだことで以前のような元気がなくなっており、再燃するには、活動する場の提供や活動のサポートが必要となっています。

そこで、平成29年3月に集落活動センター美良布を開所し、地域住民が主体となって地域活動を行い「地域が元気」になることと、「やなせたかし記念館・アンパンマンミュージアム」など周辺施設との相乗効果で地域外との交流を行い「地域に刺激」を頂いて、地域の活性化を目指しています。

<具体的な仕事内容>

○集落活動センター美良布の事務局
○集落活動センターの部会や地域活動の支援、また地域住民が交流する活動の支援
○地域の祭事支援及び継承活動
○活動報告や地域新聞の作成
※ 勤務時間中は上記以外の個人的な活動は認めません。

3.募集対象

(1)  年齢 不問
(2)   心身ともに健康な方で、集落の地域づくり支援活動に意欲と情熱があり、地域住民とともに積極的な活動ができる方
(3)  地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格事項に該当しない方
(4)  Eメール等パソコンを日常的に利用されている方
(5)  普通自動車免許を取得し、日常的に運転をしている方

4.活動地域及び勤務地

勤務開始当初は香美市役所本庁舎に勤務します。その後、香美市役所香北支所及び集落活動センター美良布事務所に勤務することとなります。

5.勤務時間

1日7時間45分、月16日勤務を基本とします。
※土曜日・日曜日・祝日・夜間の勤務もあります。

6.雇用形態

市の会計年度任用職員として採用

7.雇用期間

令和3年11月1日(予定)~令和4年3月31日

※予算措置の状況、勤務評定により更新あり。2回まで。

8.賃金等

月額 153,280円 ~ 157,168円

賞与 香美市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例の規定による。

通勤手当相当分

社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)に加入

9.待遇及び福利厚生

(1)健康保険・厚生年金・雇用保険等の社会保険に加入します。

(2)勤務時間中はパソコンと公用車を貸与します。

※ 休日(有給休暇・特別休暇を除く)で業務に支障がなければ、兼業をすることが可能です。

10.応募方法

(1)受付期間

令和3年8月23日(月)から令和3年9月9日(木)必着

郵送又は直接持参していただいても結構です。

(2)提出書類(提出された書類は、返却しません)

①   申込書(HPよりダウンロード)(http://www.city.kami.kochi.jp/)
②   履歴書(写真添付、市販品可)
③   活動目標レポート

「地域づくり支援員として活かしたい私の経験や能力」や「地域の活性化に向けた意気込み・地域づくり支援員として取り組みたいこと」のテーマで、レポートを作成し提出してください。原則として400字詰め原稿用紙3枚程度。(パソコンでの作成も可)

(3)申込み・お問合せ先

〒782-8501

高知県香美市土佐山田町宝町1丁目2番1号
香美市役所定住推進課 定住班
電話:0887-53-1061 FAX:0887-53-5958
Eメール:matidukuri@city.kami.lg.jp

11.選考方法

(1)第1次選考

提出書類選考のうえ、結果を郵送にて文書で通知します。

(2)第2次選考

第1次選考合格者を対象に9月中旬に第2次選考試験(面接)を行う予定です。詳しい日時等は第1次選考結果を通知する際にお知らせします。なお、第2次選考のために必要な交通費等は個人負担になります。

(3)最終選考結果の通知

第2次選考終了後、9月下旬に文書で通知します。

12.その他

ご不明な点については、香美市定住推進課までお問合せください。

===

香美市地域づくり支援員(集落支援員)募集についてはこちらをご覧ください。
【外部リンク】https://www.city.kami.lg.jp/soshiki/11-2/shienin.html
記事作成:NPO法人いなかみ

コメントを残す

必須 ※お名前は公開されます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>